門真 歯医者 歯科医院 審美 歯周病 虫歯治療 小児歯科


入れ歯

入れ歯には大きく分けて
総入れ歯(総義歯)
部分入れ歯(部分床義歯)があります。

総入れ歯(総義歯)

全部の歯が抜けている場合、総入れ歯となります。『床』と呼ばれる土台となる部分の材質によって様々な特徴があります。それぞれ、フィット感や熱の伝わり具合などが違うので、お口の中の状態や普段の生活、食事の嗜好などにより、選ばれることをお勧めします。

部分入れ歯(部分床義歯)

歯が1本または数本抜けている場合は部分入れ歯になります。 抜けている歯の場所や本数、材質、お口の中の状態などに合わせ、様々な種類があり、状態に合ったものを使うことが快適な生活に繋がります。

当医院では最も適した入れ歯をご案内・ご提供いたします。

尚、どうしても入れ歯の金具が気になる方には、ノンクラスプデンチャー(バネの無い入れ歯)も作製しておりますので、ご相談ください。

│   TOP   │   HOME   │